FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 カイジ~人生逆転ゲーム~の感想

2009年11月22日 19:27


カイジ~人生逆転ゲーム~の感想です♪

正直、映画を観る前は「実写版とか一体どうなんだろうなー…?」と思っていました。
私自身、漫画を実写化したものってあまり好きではないので、最初はちょっと敬遠していました。

ですが、CMや番組などで宣伝しているのをよく見かけ、興味を持ち始めました。
予告とかも力が入っていて、「面白そうかなー」と思い、弟と一緒に観に行きました。
あと、藤原竜也さんが主演していたのも理由の一つだったり…(笑)


ここから先はネタバレを含むので、まだ観ていない方は注意してください!
そして無駄に長いです・・・(笑)

続きはコチラから


映画カイジは、個人的に面白かったと思います♪

カイジならではの心理描写や緊張感をそのまま再現。
原作ファンでも面白い!と思わせる内容でしたね。


映画では賭博黙示録をベースに話が進んでいきます。
さわ・・・ざわ・・・という擬音語もちゃんと使われていたので、「カイジ」の世界観が広がっていましたね。


キャスティングはかなり豪華です!

伊藤カイジ
藤原竜也さんが演じるとのことでしたが、意外に合っていてビックリでした。
カイジのヘタレっぷりや覚醒時のカッコ良さをよく表現していましたね♪
直ぐ泣くところもちゃんと再現・・・凄いです。
続編も引き続きカイジを演じてくださるそうなので、期待しています!

遠藤凛子
遠藤は映画版だと女性です。
「何で性別を変える?」と思いましたが、むしろしっくりときましたね。
凛子さん凄くカッコ良かったですね♪
机を蹴ってカイジに叱咤する姿には痺れました!なんて男らしい!

船井譲二
映画の船井はなんか可愛かったです・・・。
あの少したどたどしい関西弁にキュニキュニしました♪
「ごちそうさん」と首を傾げるところとかも・・・ある意味萌えキャラ(笑)

石田光司
石田さんは原作でも映画でも良い人。
鉄骨渡りのシーンは本当に良かったです。
「無意味な人生だった・・・」という言葉からもう号泣っ・・・!!
映画だと息子ではなく娘なんですね。

大槻太郎
優しそうだけど腹黒そうな笑顔が印象的な大槻。
映画でもその腹黒さを発揮!役がピッタリとはまっていてビックリしましたね。
似すぎだと思いますよ。

佐原誠
佐原は松山ケンイチさん。
友情出演ということで、藤原さんとはデスノート以来の共演♪
地下帝国でカイジと出会うというオリジナルの設定が入っていましたね。
佐原もなかなか良いキャラしてました♪

兵藤和尊
会長・・・出番あんまなかった。。。
映画だと会長の鬼畜さがあまり出ていなかった気がしますねー。
くじ引きもなかったしなー・・・。。。
でもくじ引きはさすがに無理か・・・。

利根川幸雄
利根川先生はラスボス的存在!
「金は命より重いんだ」という名言を言ってくれたのはとても嬉しかったですね♪
Eカードでの先生はカッコ良かった。
映画では人を見下すような態度が好きです。私も見下されたい・・・(笑)


ギャンブルは限定ジャンケン・鉄骨渡り・Eカードの3つです♪

限定ジャンケン
映画での限定ジャンケンはかなりあっさりめでしたね。
原作だと4時間以内にゲームをクリアーしなくてはいけないのですが、映画では30分以内という短い時間設定だったので、かなり省略されたされていました。
安藤・古畑とチーム戦や買占めはなく、船井との対決が中心でしたね。
勝ち方は原作ではなく、映画オリジナルの表現で何だか新鮮でした♪

鉄骨渡り
映画での鉄骨渡りはかなりの迫力ありましたね!
実写のせいかリアルさが半端ないです!もう手に汗握るシーンの連続!
原作を読んでいてもドキドキ。
石田さんと佐原が落ちるシーンには涙・・・。。。
それにしても・・・カイジのゼッケンは8番か・・・。10番じゃないの???

Eカード
映画では全三回戦。
カイジは全戦とも奴隷を使って勝負という思い切った行動に出ます!
Eカードは個人的に楽しみにしていたギャンブルです。
相変わらずEカードの緊張感はドキドキハラハラ・・・。
カイジも利根川先生もカッコ良かった!


基本的に原作に忠実でしたが、映画オリジナルの部分も入っていました。
地下王国も出ていたので賭博破戒録要素もありました。
賭博破戒録が入るなら、一条も出して欲しかったな~。

そして、福本先生本人も登場!
先生カッコイイですね~♪
黒服似合いすぎますっ・・・!


あれだけボリュームのある内容を映画一本にまとめなくてはいけないので、話の流れといいますか、テンポは良かったです。
ただ、良すぎて逆に原作を知らない人には分かりづらいところもあるかもしれません。
また、原作を知っている人にはちょっと物足りなさを感じてしまう部分もあるかなぁ、と感じました。

しかしながら、原作とオリジナルがよくマッチしていて、良い感じに仕上がっていましたね。
カイジの美味しいところを上手にまとめていたのですごかったです!


これを観れば、かなりのカイジファンが付きそうですねー♪



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kaiji21.blog51.fc2.com/tb.php/29-f25f91a1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。