FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賭博堕天録カイジ和也編第3巻発売中

2010年06月04日 22:58

賭博堕天録カイジ和也編第3巻の発売日キターーー!!!

気分はもうルンルン♪
毎朝寝起きが悪い私も、今日だけは異様にテンションが高かったです。

電車を乗り継ぎ、駅に着いたら即本屋さんへ!
朝8時でも開店しているという仕事の早い本屋さんで助かります。

早速、カイジを購入。
黒服に押さえつけられているカイジの表情。
なかなかいい顔してます。
ある意味妄想を駆り立てる表紙

賭博堕天録カイジ和也編第3巻


3巻の見所はキュートな坊ちゃん。
「どんなイメージなんだよオレって…!」とちょっとショック受けてる坊ちゃんに萌えます♪

坊ちゃん可愛いよ坊ちゃん。

にぱーっ☆と笑うカイジもヤバいです。
前々から思ってましたが、あの笑顔は反則だと思いますね。
つい押し倒したくなる


さてさて、今日はカイジだけではなく、「福本伸行 人生を逆転する名言集2」の発売日でもあります。
しかも、しょこたんが出るというのならこれはもう買うしかない。
カイジと一緒に名言集2も買おうかと、新作コーナーを物色。

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

賭博堕天録カイジ和也編第3巻

2010年05月19日 22:00

賭博堕天録カイジ和也編の最新単行本第3巻が6月4日(金)に発売されるそうです♪

3巻キターーー!!!って感じで、少々テンションが上がっております(笑)
今年の金曜日は授業が1時限から5時限までビッシリ入っているので、帰りはいつもやつれた感じになるのですが、カイジの発売日となれば話は別!
大学の帰りにでも購入しようかと思います♪

とはいえ、3巻はずっと救出ゲームのターンだろうから、しばらくカイジくんの見せ場無しですな。
ヤンマガでもまだ救出ゲームが続いてるので、多分この調子でいくとカイジくんの活躍は6~7巻あたりになるんじゃないだろうか??

(ざわ…ざわ…)

影が薄くてもカイジくんが好きだZE☆


賭博堕天録カイジ和也編第3巻の情報


続きは福本作品とは全く関係ない話なので、興味のある方のみどうぞ♪

[ 続きを読む ]

賭博堕天録カイジ和也編第2巻発売中

2010年02月09日 22:21


賭博堕天録カイジ和也編第2巻が発売されましたね!

早速、駅前の本屋さんで購入してきました。

映画効果のせいか、カイジを置いてある本屋さんが多くなって嬉しいですね♪
あちこちに売っていました。
でも、何故か近所の本屋さんにだけは置いてないんですよね。
零とアカギはあるのに><

それにしても今回の表紙もまたすごい。迫力がある。
さすが福本先生の描く絵は勢いを感じます。

賭博堕天録カイジ和也編第2巻
愛よりも剣が終わり、遂に救出ゲームが始まりましたね。
続きはヤンマガで読んでしまいましたが、3巻が楽しみです。
今後の展開に注目ですね♪

そして、オビ裏には実写映画のカイジの情報が!

賭博堕天録カイジ和也編第2巻のオビ裏
続編製作決定!もちろんカイジは藤原竜也!!

映画の続編は確か2011年公開でしたよね??
まだ2010年になったばかりですが、早くも来年が楽しみで仕方ありません。

しかも、カイジの映画のDVD&ブルーレイが4月9日に発売されるそうで。
アマゾンなどではもう通販が開始されていますね。私は弟と初回限定版を買おうかと思っています。
映画はもちろん、特典も豪華だそうで期待が膨らみます。やったね!


続きは単なる呟きなのでご了承ください。

[ 続きを読む ]

賭博堕天録カイジ和也編第2巻

2010年01月21日 22:31


賭博堕天録カイジ和也編の最新単行本第2巻が2月5日(金)に発売されるそうです♪

わーいわーい♪(・ω・ノノ"☆(・ω・ノノ"☆(・ω・ノノ"☆パチパチパチ!!!
早速、手帳にカイジの発売日を記入しなければ!

再来週の金曜日は大学の帰りに本屋さんに寄ってこっと♪
来月がとっても楽しみです♪♪

賭博堕天録カイジ和也編第2巻の情報

そうそう、コンビニ版で賭博破戒録カイジ地下施設脱出編というのが発売されているそうですよ。
私もDAWSONで・・・いえ、ローソンで見かけました。
思わず立ち読みしてしまい、一緒だった友人を待たせてしまった記憶があります。
その節はホントごめんなさい><

カイジのコンビニ版って一体何冊出されているのでしょうか?
映画の影響か、公開が近づくにつれていくつも発売されていたような気がします。
たぶん、福本作品の中ではカイジが一番アンコール発売されているのではないかと。
アカギもかなり多そうですが。


それでは、ここから拍手コメントの返信をさせていただきます♪

[ 続きを読む ]

コミケ77 カイジ

2009年12月29日 22:44


コミケ77で、カイジの同人誌を購入!

行ってきました、コミケ。
カイジやらアカギやらといった同人誌のために早寝早起きしましたよ。

今回で3回目のコミケ参加となります。
コミケの知識はまだまだ浅いので私はほぼ初心者。
分からないこともたくさんありましたが、楽しかったです。冬コミ。
かなり充実した1日でしたね♪

今回は、そんな冬コミのレポートをします♪

ちなみに、友達と歩きながら発見した看板。

エスポワール
これですぐさま希望の船を連想してしまう私の脳内は終わっている。

[ 続きを読む ]

カイジ 賭博堕天録カイジ

2009年11月06日 21:25


カイジシリーズの第3弾は「賭博堕天録カイジ」です。
賭博堕天録では第4章が収録されており、カイジがかつての仲間の誘いで裏カジノの社長から大金を狙うという物語。


第4章「渇望の血」では、無一文となったカイジはパチンコ「沼」で共闘した仲間、坂崎の家に居候し自堕落な生活を送っていました。
ある日、地下の仲間に裏カジノの社長から大金を騙し取らないかと誘われ、カイジは坂崎から手切れ金を渡され追い出されてしまいます。
そして、カイジは裏カジノの社長が考え出したギャンブルで勝負することに。


賭博堕天録では、麻雀をベースとした「17歩」というギャンブルがメインとなります。
ギャンブルがたった一つだけというのは味気ない気もしますが、その分一つのギャンブルだけでとても奥深い戦略や駆け引きが見られます。



麻雀が分からない人でも、福本先生の作品が好きな人なら直ぐにハマるかもしれません。
ですが、やはり麻雀のルールを把握していないと分かりにくい部分もあるので、ある程度の知識は入れておいて損はないかと思います。
逆に、麻雀好きな人にはとてもお勧めなシリーズになるのではないでしょうか?

カイジや社長の心理描写がよく描かれているので、この2人の人間性がよく伝わってきましたね。
ただ、少し丁寧過ぎて展開が遅いというのが欠点かな??

個人的には、最初に出てくるカイジのダメ人間っぷりはツボでしたね!
カイジの情けない表情とセリフに思わず吹いてしまいましたよ。
これでギャンブルになると人が変わったかのような豹変振りを見せるんですよね。
この激しすぎるギャップがたまらなくなりますっ。

あと、坂崎の娘・美心の存在も欠かせません。
美心とカイジのやり取りがお気に入りですね~。
カイジの優しい一面がよく表れているシーンが満載です。


この賭博堕天録は現在ヤングマガジンで連載されている賭博堕天録カイジ 和也編へと続きます。
今後の展開が楽しみで仕方ありませんっ・・・!

カイジ 賭博破戒録カイジ

2009年11月04日 23:19


カイジシリーズの第2弾は「賭博破戒録カイジ」です。
賭博破戒録には第3章が収録され、カイジが自由を手に入れるためにチンチロやパチンコなどのギャンブルに奮闘するストーリー。


第3章「欲望の沼」は、逃亡生活を送っていたカイジが地下強制労働施設に送り込まれ、それから逃れるためにギャンブルで一攫千金を狙うという内容となっています。
地下強制労働での過酷な仕事内容と安い給料に落胆するカイジ。
一時的に地上に戻れる外出券を求めて、カイジは仕事仲間と供にチンチロに挑みます。
そして、借金を全額返済するために裏カジノに置かれたパチンコで大金を狙うことに!


賭博黙示録では創作ギャンブルが中心に描かれていましたが、賭博破戒録はチンチロにパチンコといったギャンブルが登場するのがこのシリーズの特徴。

とはいえ、チンチロやパチンコのルールを知らない人でもストーリーについて行きやすく、あっという間にカイジの世界観に入り込めるので安心できます。

賭博破戒録カイジは、人間の黒さや欲望がよく滲み出ている内容でしたね。
利益を得るために人を陥れたりなど、相変わらず人間の卑しい部分の表現は凄まじいです!
また、カイジが自由と引き換えにお金を貯めようと自身の欲望を抑えるのですが、結局は欲望に負けてしまう…そのときのカイジがとても人間臭かったのが印象的でしたね。
幸せそうに欲望に浸るカイジの姿にはある意味親近感が湧きました(笑)


さらに、このシリーズには物語に深く関わっていく重要なキャラクターがたくさん出てきます。
どれも個性的で良い味出してるので、登場人物にも要注目ですね♪

カイジ 賭博黙示録カイジの紹介

2009年11月02日 21:25


カイジの漫画は現在、シリーズ3編に構成されてます。

シリーズ第1弾は賭博黙示録カイジです。
賭博黙示録には第1章と第2章が収録されており、カイジがギャンブルの世界に足を踏み入れる最初のストーリーとなっています。


第1章「希望の船」は、カイジが借金返済のためにギャンブル船「エスポワール」に乗り、生き残りを賭けた勝負に挑むという内容です。
ギャンブルに勝てば借金は帳消しという美味しい話に見えますが、負ければ某所で強制労働。
場合によっては命を落としかねないというリスクもあります。
絶対に負けられないこの勝負にカイジは閃きと思考を重ねて勝利を目指していきます。

第2章「絶望の城」では、さらに借金を背負うこととなったカイジが新たなギャンブルに挑戦。
ここで行われるギャンブルも危険なものばかりで、肉体の一部や生死を賭けたりするなどのハイリスクを背負います。
カイジたちの心理描写はとてもリアルで、漫画を通じて緊張感も味わえます。


賭博黙示録の見所は、心に刺さる言葉とリアリティ溢れる人間関係。

重く圧し掛かってくる強烈なセリフには心が痛くなり、図星を指されます。
作者の福本先生が一体この漫画で何を言いたいのか?というメッセージ性がよく伝わり、非常に説得力を感じますね。
また、一緒に戦ってきた仲間との人間関係の描写が生々しく描かれています。
相手を信じ、その相手に裏切られたときの絶望感は読んでいて痛々しい。
裏切り方にはとても現実味があったと同時に人間臭さを感じさせられました。


生き死にを賭けた勝負に挑むカイジの姿は必見ですね!
最初は自堕落だったカイジがギャンブルをするに連れてどんどん成長し、カイジという人間の良さが見えてきます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。